エビ、マミなどが揃い踏み

ようやく春らしい花が多くなった。マミラリアでは白鳥(Mammillaria herrerae)と春星(M.humbodtii)、ダシアカンサ(M.dasyacantha)、明星変種ギゼラエ(M.schiedeana var.giselae)、カルメナエ(M .carmenae)など。DSCN2822.JPGDSCN2824.JPGDSCN2826.JPGDSCN2274.JPGDSCN2619.JPGDSCN2627.JPGDSCN2280.JPGDSCN2276.JPGエビでは明石丸変種ワインベルギー・ベヌスタス(Echinocereus pulchellus var.weinbergii 'Venustus')、パマネシオルム(E.pamanesiorum)、そしてパーケリー(E.parkerii)だ。DSCN2833.JPGDSCN2831.JPGDSCN2837.JPG南米物ではチリ原産のネオポルテリア・チレンシス(Neoporteria chilensis)とその黄花のアルビディフローラ(N.chilensis var.albidiflora)。ペルー原産のマツカナ・インターテキスタ(Matucana intertexta)とリッテリー(M.ritteri)、マジソニオルムの白花(M.madisoniorum)、ボリビア原産のレブチア・ホフマニー(Rebutia hoffmanii)、そしてブラジル原産のユーベルマニア・フラビスピナ(Uebelmannia flavispina)。DSCN2604.JPGDSCN2603.JPGDSCN2607.JPGDSCN2629.JPGDSCN2542.JPGDSCN2545.JPGDSCN2817.JPGDSCN2829.JPGDSCN2624.JPG

この記事へのコメント