キリカズラ、アロエなど

分園下の県道法面でまたまたキリカズラ(Asarina erubescens)が満開になった。本種は暑さには弱いので、春から梅雨明けまでと、10月ごろから暮までが見頃だ。以前より幅が10m位伸びた気がするが、とにかくピンクの花がこれでもかと言う位咲いて見事なこと。ゴマノハグサ科でメキシコ原産。DSCN9707.JPGDSCN9705.JPGDSCN9703.JPGDSCN9699.JPGDSCN9701.JPG我が家の下にはユズの畑があって、今ビッシリ実がなっているが、その縁ではキダチアロエ(Aloe arborescens)も咲きはじめた。季節の風物詩で、伊豆の冬はアロエの花で彩られる。キジカクシ科で南アフリカ原産。DSCN9710.JPGDSCN9708.JPGDSCN9715.JPGDSCN9713.JPG我が家のベランダではオキザリスと水仙が咲いている。オキザリスはピンクのグラブラ=桃の輝き(Oxalis glabra)と黄色のマンジャナ(O.'Manjana')で南アフリカ原産のカタバミ科。水仙はカンタブリクス・フォリオーサス(Narcissus cantabricus var.foliosus)とディッセンバー・ホワイト(N.'December White')。スイセンはヒガンバナ科でヨーロッパ原産。熱帯スイレンはまだ蕾があるが、日中でも開かないので昨日で温室に収容し、容器を片付けた。DSCN9723.JPGDSCN9721.JPGDSCN9719.JPGDSCN9756.JPGDSCN9753.JPGDSCN9757.JPGDSCN9751.JPG

この記事へのコメント