ハルサザンカの季節

我が家のハルサザンカが次々に咲き始めている。一番早いのは宝塚(Camellia vernalis ’Takarazuka’)で、これは10月頃から咲いているが、ここにきて姫光輝(C.vernalis ’Himekoki’)と六歌仙(C.vernalis ’Rokkasen')が咲いて来た。ツバキ科で日本原産。DSCN9290.JPGDSCN9167.JPGDSCN9169.JPGDSCN9171.JPGDSCN9127.JPGDSCN9125.JPGDSCN9129.JPGDSCN9285.JPGDSCN9288.JPGワニ園ではテラピアの池の所で絞侘助(Camellia ’Shibori -Wabisuke')が咲いている。分園では1番の早咲きで、ツバキシーズンの到来を教えてくれる。これは久留米の品種だ。DSCN9329.JPGDSCN9323.JPGDSCN9327.JPGDSCN9325.JPGその前の水槽では、ツバキではないが、水性のカンナ・グラウカ(Canna glauca)が咲いている。丈が3mにも育ち驚くほどだ。この水槽ではこれまでも結構大きくなっていたが、こんなに大きくなったのは初めてだ。カンナ科で西インド諸島原産。DSCN9335.JPGDSCN9337.JPG

この記事へのコメント