雨の中のグラジオラス

先日から我が家のベランダでグラジオラス・メリディオナリス(Gladiolus meridionalis)が咲いているのだが、休みのたびに大雨でまともに写真が撮れずストレスが溜まるばかり。幸い昨日は昼から晴れて、何とか写真が撮れた。ぐずぐずしている間に2種目、緋色花の6枚目プリオリー(G.priorii)も咲きはじめた。アヤメ科で南アフリカ原産だ。DSCN9270.JPGDSCN9280.JPGDSCN9295.JPGDSCN9292.JPGDSCN9298.JPGDSCN9297.JPGそのベランダの下ではネリネ・マンセリー(Nerine mansellii)が満開だ。鉢から下に根が出てしまったので、動かせず、現場で楽しんでいる。4、5枚目のリビングに飾ったマンセリー交配の小型種(N.mansellii hybrid)もよく咲いている。ヒガンバナ科で原種は南アフリカ原産。DSCN9302.JPGDSCN9284.JPGDSCN9301.JPGDSCN9274.JPGDSCN9272.JPG最後はワニ園展示室前で咲いているモラエア・ポリスタキア(Moraea polystachya)と赤く色付いたプセウドリプサリス・ラムローサ(Pseudorhipsalis ramulosa)。そろそろ温室に収容する時期だ。モラエアはアヤメ科で南アフリカ原産、後者はサボテンかで中南米原産。DSCN9202.JPGDSCN9204.JPGDSCN9199.JPGDSCN9190.JPG

この記事へのコメント