アリステアなど

ワニ池横でアリステア・マジョール(Aristea major)が咲き始めた。晴れた日には昼前に閉じてしまうが。今日は雨なので11時過ぎでも間にあった。とてもいい色だ。DSCN2002.JPGDSCN1999.JPGDSCN1998.JPGバナナ温室の横ではディエテス・ブッチェリアナ(Dietes butcheriana)が咲いている。日陰向きのディエテスということで導入したのだが、確かにシャクナゲモドキで陰に成っていたここでもちゃんと元気に育って殖えている。アリステア、ディエテスともアヤメ科で南アフリカ原産。この並びには先日、ベルティナバナナ(Musa velutina)を植えた。ちょうど列植してあった地涌金蓮が枯れたので、その跡地と、ブラジルヤシの下2個所に計4株植えてみた。昨年、イズーで余りにも美事に咲いて、結実していたので、対抗心が出たということ。バショウ科でインド、アッサム原産。勿論地涌金蓮も今が見頃だ。これは中国雲南省原産。DSCN2035.JPGDSCN2034.JPGDSCN2038.JPGDSCN2042.JPGDSCN2040.JPG同じ土手の上でニオイバンマツリ(Brunfelsia australis)も咲き始めた。この木は植えた覚えがなくて、確かこぼれ種で育った物だと思う。考えれば丈夫な植物だ.ナス科で南米原産。DSCN2032.JPGDSCN2029.JPGテラピアの池の横の水槽では水生のアマリリス・ハリソニー(Hippeastrum harrisonii)が咲き始めた。鉢数が増えたこともあるが、今年は20本以上も花が立っていて、満開になったら壮観だろう。ヒガンバナ科でウルグアイ原産。DSCN2028.JPGDSCN2026.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック