球根ベゴニアが満開

明日14日は早朝から病院への送迎があるので、今日のうちにアップしておく。
冬の球根ベゴニア(Begonia tuber-hybrida)は生育開花がゆっくりで花保ちもいいが、この時期の球ベゴは、気温が高いので、一気に満開になる。先だって2〜3割が咲いてきたと思ったら、もう半分近くが咲いて来て見頃になった。シュウカイドウ科で原種はアンデス原産。DSCN1921.JPGDSCN1919.JPGDSCN1923.JPGシンニンギア・カージナリス(Sinningia cardinalis)や我が家から持って来たアマリリスのワイン・ドリーム(Hippeastrum hybrid 'Wine Dream')も奇麗に咲いている。前者はイワタバコ科でブラジル原産。DSCN1930.JPGDSCN1928.JPGDSCN1925.JPG温室の出口側、パフィオペディルムのコーナーではニューギニアから来たデンドロビウム・スミリアエ(Dendrobium smilliae)や小笠原のオガサワラシコウラン(Cirrhopetalum boninense)が咲いている。最近このコーナー、ランやアンスリウムに加えて、南ア原産ヒガンバナ科のクンシラン(Clivia nobilis)やフィリピン原産、ノボタン科のメディニラ(Medenilla hybrid 'Hinotori')、ペルー原産、ヒガンバナ科のアマリリス(Hippeastrum vittatum)なども飾るので、カラフルで人気がある。DSCN1911.JPGDSCN1914.JPGDSCN1910.JPGDSCN1908.JPGDSCN1906.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック