取材に追われる

昨日、一昨日とテレビ局の密着取材があり、それだけでも容易ではないのに、その間にカエンカズラや冬咲きアサガオの取材が何件もあって、マスコミ対応にも追われた。そんな関係でブログ写真もゆっくり撮ってはいられず、おざなりの内容になること、ご容赦願いたい。先ずは、またまた鉢数が増えたクンシランから。数日置きに鉢数が増えて、そのうちこの通路が一杯になると、パパイヤ温室の通路に並べるのが恒例だ。黄色いクンシランが貴重だった40年前と較べると、まさに隔世の感がある。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN7871.JPGDSCN7873.JPGパフィオペディルムのコーナーもキンギアナムなど原種のデンドロビウムが沢山並んで華やかになった。やはり春はいい。とは言っても昨日は暖房パイプがパンクし、暖房は半分しか回せなかったが、ストーブを置いて一晩を過ごした。一難去ってまた一難、ワニ園というところは、ちっとも楽をさせてくれない職場だ。3枚目はニューギニア原産のデンドロビウム・マクロフィルム(Dendrobium macrophyllum)だ。DSCN7875.JPGDSCN7877.JPGDSCN7880.JPG中庭ではようやく在来のクリスマスローズ・オリエンタリス(Herebollus orientalis)が咲き始めた。園芸品種の大輪花マダム・ラモニエ(H.'Mme.Lamonie')も良く咲いている。キンポウゲ科でヨーロッパ原産。香料温室出口ではラケナリア・トリカラー変種クアドリカラー(Lachenalia tricolor var.quadricolor)がいよいよ満開だ。キジカクシ科で南アフリカ原産。DSCN7809.JPGDSCN7807.JPGDSCN7882.JPGDSCN7894.JPGDSCN7891.JPG

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック