ネリネ・マンセリー登場

我が家ではネリネを咲いた順にリビングに飾り、今が満開状態だ。DSCN4243.jpgDSCN4240.jpgDSCN4253.jpgその中で目立つのは純白花、チョコレート香の「吉野」(Nerine sarniensis hybrid 'Yoshino')、そしてその子供の純白花2本立ち(N. Yoshino seedling)。それに吉野実生のオレンジ、ピンクなど。赤は昔サカタで買ったネリネ組み物の生き残り、赤、オレンジ、ピンク辺りのセットだったと思うが、今年は赤だけが6本位花を上げている。DSCN4241.jpgDSCN4246.jpgDSCN4248.jpgDSCN4249.jpgワニ園では本日栽培温室からネリネ・マンセリー(N.mansellii)を搬入、一緒に片山交配のパール(N.hybrid 'Pearl')も飾りつけた。片山さんからはあれこれいただいたはずだが、今はパールだけになってしまったとの事。でも3トレイ位に殖えている。DSCN4261.jpgDSCN4263.jpgDSCN4269.jpg最後の写真は一昨日友の会のYさんが送ってれたネリネの遅咲き交配種ウンドゥラータ・アルバxフレクスオーサ・アルバ(N.undulata 'Alba' x N.flexuosa 'Alba')。荷を開けて、余りに見事な球根の育ち具合に仰天。あー、この人には敵わないな、と一人ため息。培養土は何をと聞いたら、そのこだわりにまたため息。ネリネはヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN4260.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック