台風の後で

我が家では台風の後でロードフィアラ・ビフィダ(Rhodophiala bifida)の2番花が咲き始めた。もう終わったつもりでいたのとても嬉しい。ヒガンバナ科でチリ原産。エンポディウム・フレキシレ(Empodium flexile)も僅かだが2番花が咲いている。これは南アフリカ原産でキンバイザサ科。DSCN2878.jpgDSCN2876.jpgDSCN2881.jpgDSCN2880.jpgコルチカム・ピレナイクム(Colchicum pilenaicum)も台風前から咲いているが輪数が少なく、まだまだの感じだ。イヌサフラン科でスペイン原産。ベッセラ・エレガンス(Bessera elegans)はずっと咲いている。花の少ない時期には有り難い存在だ。キジカクシ科でメキシコ原産。DSCN2873.jpgDSCN2839.jpgDSCN2866.jpgリビングではプラケースで育てている、ベゴニア・プリスマトカルパ(Begonia prismatocarpa)が咲き始めた。これからの時期、部屋を飾ってくれるので楽しみな存在だ。シュウカイドウ科でアフリカ原産。DSCN2886.jpgDSCN2883.jpgワニ園では、昨年我が家から持参した八重のヒガンバナ、姫孔雀(Lycoris radiata 'Hime Kujaku')が4〜5日遅れで咲き始めた。環境は大差ないのに、この日数差は面白い。私としては長期間楽しめるので大歓迎だ。DSCN2891.jpgDSCN2888.jpg最後はその近くで咲いていた斑入りのカンナ(Canna hybrid)。小型の花だがとてもいい色だ。カンナ科で熱帯アメリカ原産。DSCN2893.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック