果樹あれこれ

果樹温室もマンゴーやカニステルが終わって他の果樹が目立つようになってきた。最初は一番目立つレンブ(Eugenia javanica)から。赤い実が可愛らしく、いかにも美味しそうだが、味は淡泊なナシみたいで、それほど美味しいものではない。ただホテルのテーブル飾りには持って来いで、お客様には喜ばれるだろう。フトモモ科で東南アジア原産。DSCN2426.jpgDSCN2424.jpg次はタチバナアデクことピタンガ(E.uniflora)だ。赤くてツヤツヤして、可愛らしい果樹だ。庭に植えて子供のおやつにするには丁度いいかも知れない。甘酸っぱく特有の香りがありてそこそこの味だ。フトモモ科でブラジル原産。DSCN2423.jpgDSCN2420.jpgゴレンシもまた9月早々だと言うのに、青い実がビッシリとぶら下がっている。まだ黄色くなるまでは間があるが、年々果期が早まり、完全に秋の果物になってしまった。昔は冬の展示物だったのが嘘のようだ。カタバミ科で東南アジア原産。DSCN2416.jpgDSCN2419.jpgDSCN2433.jpgバンレイシの仲間ではヤマトゲバンレイシ(Annona montana)が2個なっている。美味しい果物ではないが、野球ボール大の実が目の前にぶら下がっているので、お客様には喜ばれている。バンレイシ科で熱帯アメリカ原産。DSCN2429.jpgDSCN2430.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック