サルノシッポが満開

ボリビア原産の柱サボテン、サルノシッポという愛称のあるヒルデウインテラ・コラデモノニス(Hildewintera colademononis)が見事に咲いている。分園売店前の温室で、天井から吊り下げた鉢から、長い枝は背丈程にも伸び、白いカーテンに花が咲いたような感じだ。折角咲いていてもお客様は少ないし、気付く人も少ないのだが、栽培担当者としては是非見てもらいたい景観だ。DSCN8750.jpgDSCN8751.jpgDSCN8761.jpgDSCN8764.jpgDSCN8767.jpgDSCN8765.jpgその横で金色の刺の柱に1つ花が咲いていた。多分ピロソセレウス・クリソステレ(Pilosocereus chrysostele)だが、この仲間は類似種が多く、同定は難しい。ブラジル原産。DSCN8756.jpgDSCN8758.jpgワニ池の周囲では今アメリカデイゴ(Erythrina crista-galli)が満開だ。強風が吹くと枝がバリバリに折れて大変だが、今はすごく奇麗に咲いている。マメ科でブラジル原産。DSCN8795.jpgDSCN8800.jpgDSCN8803.jpgDSCN8794.jpgDSCN8791.jpgDSCN8787.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック