珍しいショウガとコスタスなど

香料温室で、珍しいショウガのジンジベル・ニューマニー・レッド・フロッグ(Zingiber newmanii 'Red Frog')とジンジベル・マクラデニウム・チョコレート・ボール(Z.macradenium 'Chocolate Ball')が開花している。どちらもボルネオ原産で、ユニークな花序の形からこのような名前が付いている。特にレッド・フロッグは愉快なネーミングで、言われると確かにそのように見えるから面白い。DSCN8567.jpgDSCN8570.jpgDSCN8566.jpgDSCN8572.jpgDSCN8550.jpgDSCN8552.jpg今はフクジンソウ科になっているが以前はショウガ科だったコスタス・スペクタビリス(Costus spectabilis)やワーミンギー(C.warmingii)も咲いている。画像で見ると同じように見えるが、前者は葉が3倍も大きく、花も倍位だ。原産地は前者がアフリカでで後者はブラジル。DSCN8559.jpgDSCN8557.jpgDSCN8561.jpgDSCN8401.jpgDSCN8399.jpgこれらは葉が地表に展開するタイプだが、次のコスタス・コモーサス変種ベーカリー(Costus comosus var.bakeri)とスピカータス(C.spicatus)は丈が2m以上になる大型種だ。前者は中米、後者は西インド諸島
原産。DSCN8578.jpgDSCN8576.jpgDSCN8554.jpgDSCN8556.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック