アマリリスが満開

我が家でアマリリスが満開になった。リビングに飾った新顔はタキイから購入した朱色花のカランバ(Hippeastrum hybrid 'Carramba')、スペイン語で「何だこれは!」というような意味合いだが、確かに派手で豪華な花だ。濃紅花は小森谷さんのトランペット・ルージュ(H.hybrid 'Trumpet Rouge')。これらを見れば私の好みが分かるだろう。DSCN6279.jpgDSCN6280.jpgDSCN5918.jpgクリーム色ヒトデ咲きはボリビア原産のヒッペアストラム・エバンシアエ(H.evansiae)。最後の白ラッパ咲きは私の実生で、ドラニアエと令夫人の交配から出た有香花の「女王の香り」(Hi.doraniae hybrid 'Jouou no Kaori')。コンパクトだが素敵な花だと思う。DSCN6153.jpgDSCN6282.jpg温室では三宅さんの矮性品種赤だるま(H.hybrid 'Aka Daruma')が咲いてきた。次の2つはその実生系(.hybrid 'Aka Daruma seedling')だが、純白花はやたら丈夫で赤だるまのイメージは無い。最後は私がレジーナエ(H.reginae)と同定した原種。別名で来たのだが、多分これが正解だろう。ブラジル原産。DSCN6268.jpgDSCN6267.jpgDSCN6265.jpgDSCN6270.jpg最後は庭で満開になったトウゴクミツバツツジ(Rhododendron wadanum)。植えて長いがこんな美しく咲いたのは初めて。曇り空のした、雨に濡れて色が冴えている。DSCN6277.jpgDSCN6275.jpgDSCN6272.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック