ヘディキウム各種

先に紹介したインド原産のヘディキウム・ゴメシアナム(Hedychium gomezianum)が見頃だ。これは花弁に黄色が混ざっているが、外で咲き出したネパール原産のシルシフローラム(H.thyrthiflorum)は同じく細弁だが白花だ。DSCN7501.jpgDSCN7503.jpgDSCN7520.jpgDSCN7521.jpg我が家ではクリーム色花の金閣(H.hybrid 'Kinkaku')が良く咲いているが、これの自然実生と思われる株にピンクっぽい花が咲いていて驚いた。実生苗は殆ど親と同じクリーム色で変異がないのだが、これは特別だ。今年は咲いていないが、ここには小型でピンク花の真珠という品種も植わっているので、自然交配したのかも知れない。DSCN7500.jpgDSCN7498.jpgDSCN7496.jpg園の中庭ではカンナのダンドク(Canna indica)が咲いている。花は小さいが、非常に鮮明な緋赤色なので目立つ。カンナ科で熱帯アメリカ原産。季節柄、ノボタンのコートダジュール(Tibouchina urvilleana 'Cote d'Azur')も花が多くなり奇麗。ノボタン科でブラジル原産。DSCN7514.jpgDSCN7512.jpgDSCN7525.jpgDSCN7523.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック