一気に黄花クンシランが整列

例年、パパイヤ温室に飾る黄花クンシラン(Clivia miniata 'Aurea')だが、今年は1号温室のアンスリウム横にも並べる事になり、先ず20鉢余りが搬入された。まだちょっと早いので、花数は少ないが、日中温度が高いので、すぐ満開になるだろう。驚いたのは大鉢に出た花の数で、2枚目画像の4鉢で何と花が18本出ていて、豪華なんてもんじゃない。ワニ園ならではの展示だ。ヒガンバナ科で南アフリカ原産。DSCN0380.jpgDSCN0382.jpgDSCN0395.jpgDSCN0396.jpgその横のエアプランツ飾りのコーナーも赤紫花のデンドロビウム・キンギアナム(Dendrobium kingianum)が満開で実に賑やかだ。こちらはラン科でオーストラリア。DSCN0384.jpgDSCN0387.jpgリプサリスコーナーでは食虫植物のピンギクラ・ギガンテア(Pinguicula gigantea)が満開で見事。メキシコ原産でタヌキモ科。そのとなりパフィオペディルムのコーナー(Paphiopedilum cvs.)も花が多く賑やかだ。最後はティランジアの所に飾ったステノメソン・バリエガータム(Stenomesson variegatum)。今日は下から見上げて撮ってみた。ヒガンバナ科でペルー原産。DSCN0388.jpgDSCN0392.jpgDSCN0400.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック