球根ベゴニアが満開

私も球根ベゴニア(Begonia tuberhybrida)を30年以上作って来たが、正月に満開になるというのは初めての経験だ。冷蔵庫が壊れていて野菜室の温度が高くなっているのに気付かず、催芽時、既に芽が5cmも伸びていたからで、生育が3週間位加速されてしまったのだ。正月に満開に成る事自体は大いに喜ばしいのだが、私としてはこの後作の育苗の兼ね合いもあって困るのだ。今後、あんまり早く球根ベゴニアの花が終わってしまうと、温室が空いてしまい、対応に苦慮することが目に見えているだけに、「嬉しさも中位なりおらが春」という心境だ。もう早々に残りの球根の催芽にかかる必要があり、せわしないことだ。今日はとにかくベゴニアの花をお楽しみ下さい。DSCN0630.jpgDSCN0632.jpgDSCN0634.jpgDSCN0636.jpgDSCN0638.jpgDSCN0641.jpgDSCN0643.jpgDSCN0644.jpgDSCN0646.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック