そろそろ花盛りですよ

我が家の球根類、そろそろ花盛りに突入だ。殆どが南アフリカ原産のケープバルブと呼ばれる小型球根類。最初がモラエア・コンプトニー(Moraea comptonii)、モラエア・オクロリューカ(M.ochroleuca)、モラエア・パリダ(M.pallida)の順。ピーコック・モラエアと呼ばれるタイプはまだこれから。小型で花着きの良いイキシア・プミリオ(Ixia pumilio)も満開だ。同じくアヤメ科のバビアナ・ナナ(Babiana nana)、スパラキシス・メテラーカンピー(Sparaxis metelerkampiae)。次は陽が射すと満開になるキンバイザサ科のスピロキシネ・セラータ(Spiloxene serrata)、テコフィレア科のシアネラ・オルキディフォルミス(Cyanella orchidiformis)、我が家で唯一生き長らえて長命を誇っているキジカクシ科のラケナリア・アロイデス(Lachenalia aloides)。最後はヨーロッパ原産、ペチコートスイセンの1品種ミルクティー(Narcissus bulbocodium hybrid 'Milk Tea')。勿論、ヒガンバナ科だ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック