アンドレアナなど

エアプランツのアンドレアナ(Tillandsia andreana)が咲いている。やはりたまに咲くと奇麗で良いものだ。本種は寒さに弱いので、売店用の商品でも冬場は注文しないようにしている。宅急便の道中で霜げてしまうからで、これまで何度か痛い目にあっている。多分この株も、傷んだ株を2年がかりで復活させたものだ。コロンビア原産。次は小さな交配種でベイレイxイオナンタ(T.baileyi x ionantha)。気を付けていないと気付かずに終わってしまう程だ。次はトリカラー変種メラノクラテル(T.tricolor var.melanocrater)。地味な種だが売店ではよく売れる定番商品の1つだ。メキシコ原産。ストラミネア・ディープパープル(T.straminea 'Deep Purple')は本当に奇麗な色で咲いている。これはエクアドル原産。また今日は、フリーセア・サウンデルシー(Vriesea saundersii)の開花している黄色い花をようやく撮影できた。トックリアナナスもレッドフォーム(Aechmea recurvata 'Red form')が奇麗に咲いているし、ラージフォーム(A.recurvata 'Large form')と言われる大型タイプも色付いてきた。これらが咲くとカラフルでいい。以上2種はブラジル原産。次はエクメア属のトックリヤシとコマータの交配種でコバータ(Aechmea.hybrid 'Covata')。丈夫で良く増えるので、本園ブロメリア温室の木着けに沢山使った。最後はサボテンで、メキシコのティランジア・プロディギオサの自生地で採集したヒモサボテンのアポロカクタス・マリティマ(Aporocactus maritima)。今年は1輪だけやけに早く咲いた。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック