暑さ再来

台風後の予報でも曇りマークが多かったと思うが、昨日、今日と暑さがぶり返し、植物にも体にもこたえた。昨日は我が家のサボテンの花を日中に撮るつもりで帰宅したら、暑さで花がみな萎びてしまって使い物にならなかった。本来は暑さに強いのだが、ぐずついた日々の後の猛暑には植物もびっくりしてしまうのだ。幸い、朝、出かける前に撮った写真があるので、今日はそれでご勘弁を。赤花兜(Astrophytum asterias)、象牙丸(Coryphantha elephantidens)、アロハドア・ナナ(Arrojadoa nana)。5枚目象牙丸の列が全部満開になった所を撮りたかったのだが、弁が暑さで萎れて、日中は絵にならなかった。この兜と象牙の花のピンク、私の大好きな色で、何輪咲いていいなと思う。そして屋外のアマルクリナム・ハワディー(Amarcrinum 'Howardii')とベランダのアサガオ(Ipomoea nil)。アサガオは温室の向こう側で野生化したイリオモテアサガオ(Ipomoea indica)が何百と咲いているが、ベランダにからんだほんの数輪により愛着を感じるのは何故だろう。大きさも色も大差無いのにである。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック